YAMAHA(ヤマハ)C2の買取はいくら?

YAMAHA(ヤマハ)C2の買取査定相場は?

YAMAHA(ヤマハ)C2

  • 買取査定相場:38〜68万
  • G2 〜 C2シリーズ
  • 発売時価格:1350000円
  • 年式:1994.10〜 1999.9

YAMAHA C2の買取ポイント

C2系はコンパクトなサイズ感で、奥行きが約170cmとスリムなグランドピアノです。
日本の住居床面積は壁芯で表記されていることが多いため、カタログスペックではなく、実際の距離をきちんと測ってグランドピアノの導入を検討する必要があります。
吸音材や椅子の配置を含めると有効スペースはさらに減少するでしょう。
「平成25年住宅・土地統計調査果」(総務省統計局)より、持ち家1住宅あたりの延べ面積は約121平方メートル、借家の場合は46平方メートルとのデータがあります。これらを居住室数で単純に除すことは出来ませんが、概算として1部屋17〜21平方メートル以下との値が得られます。この値域は4^2と5^2の間ですから1辺が4〜5メートルの部屋空間が多いと推定されます。
その、1辺が4〜5メートルの室内に、グランドピアノを一台置くとします。
グランドピアノはアップライトピアノと違い、壁面にそれほど寄せず部屋の中央あるいは一角に配置されます。
ヤマハグランドピアノの大きさは横幅約150cm、奥行きが約150〜280cmです。したがって奥行き200cm以上のグランドピアノを平均寸法室内中央に配置した場合、少なくともピアノ本体の1辺が部屋の1辺の半分以上を占める状態となります。部屋の半分以上がピアノです。そして側壁との距離が100cmを切りますので、吸音の問題も出てきます。
ですから、ピアノルームを改築や建築していない一戸建てにおいて、奥行き180cm以下のグランドピアノには、現実の床面積に対して利点があると言えるのではないでしょうか。
練習機と演奏用を兼ねたピアノであるからこそ、夜間や防音工事が不十分でも弾けるように、サイレントグランドピアノなどのモデルも開発されてきたのでしょう。練習機として求められるのはグランドピアノ特有のタッチ、そして現実に導入可能なサイズです。
C1やC2は音質面で究極、とまでは行きませんが、上記のように部屋の有効面積に対してアドバンテージがあり、購入検討されやすいモデルと言えるかもしれません。

YAMAHA C2のネット上の買取査定の口コミ

C2を査定に出し、搬出まですべて含めて68万で買い取っていただきました。ネットの相場より高い金額で驚きました。(1998年製 東京都)
C2を引っ越しのタイミングで売りました。ちょっと古いピアノですがまだまだ現役で45万で買い取っていただき、新しいピアノの購入代金に当てました。(1997年製 佐賀県)
ヤマハのグランドピアノのC2を買い替えのために売りました。15〜41万の間で査定額をもらいました。(1999年製 岡山県)

YAMAHA C2の特徴をおさらい

  • 一戸建ての平均容積室内で圧迫感の少ないサイズ
  • 1994年から2012年までC2→C2L→新C2の順で製造された
  • ソフトランディング機構を備える
  • 突上棒ストッパーで大屋根が倒れるアクシデントを防ぐ
  • 響板塗装に環境にやさしい無鉛塗料(ニス)を使用

ピアノ買取トップへ

YAMAHA G2 〜 C2シリーズの他の買取の査定相場はこちら

page top