YAMAHA(ヤマハ)C3Eの買取はいくら?

YAMAHA(ヤマハ)C3Eの買取査定相場は?

YAMAHA(ヤマハ)C3E

  • 買取査定相場:25.7〜40万
  • C3シリーズ
  • 発売時価格:1404000円
  • 年式:1990.10〜 1992.6

YAMAHA C3Eの買取ポイント

C3EはBグレードの直後に4年間製造されたヤマハの家庭用グランドピアノです。ペダル構造と鍵盤や本体素材が見直されています。
ピアノのパーツの中で響板の材質は特に重要とされています。
同じ種類の木材でも、産地によってヤング率の縦横比(縦方向と横方向への変形のしやすさ。振動モードでの腹の変化量に影響します)が異なり、振動量の損失係数も異なります。
ある国のスプルース材と別の国のスプルース材では物性が違うために、響きの質そのものが変わるのです。
C3系は中型サイズであるがゆえに、比較対象によって評価は分かれるところです。何故かと言うとCシリーズは家庭用のコンサートグランドといった位置づけのシリーズですから、コンサートグランドの銘器と比較する場合と、買い替え需要でアップライト型と比較している場合と、大サイズのC7などと比較している場合の3パターンがあるからです。
ですから、評価を見る場合はその人が何と比較しているのかを調べてみれば、きっと納得の行く解答に近づけるはずです。バランスが良く、多くのご家庭で導入可能な省スペース性を持つC3Eを、気にいる方は多くいらっしゃいます。

YAMAHA C3Eのネット上の買取査定の口コミ

実家に合ったC3Eを査定に出しました。新しいピアノではないのですが、買取額も30万円台で査定をもらい、最高額で40万を付けてくれたところがありました。(1992年製 高知県)
グランドピアノのC3Eで古いので安いのかと思いましたが、25万7千円でした。(1992年製 群馬県)
C3Eで22〜30万の間で査定額をもらいました。(1990年製 香川県)

YAMAHA C3Eの特徴をおさらい

  • 3本ペダルに一本化
  • 人工象牙と天然木材鍵盤で爪に負担の少ない硬度
  • C7級仕様のハンマーを備える
  • Cシリーズ中期を支えたモデル
  • 出荷台数の関係で希少価値がある

ピアノ買取トップへ

YAMAHA C3シリーズの他の買取の査定相場はこちら

page top