YAMAHA(ヤマハ)C7の買取はいくら?

YAMAHA(ヤマハ)C7の買取査定相場は?

YAMAHA(ヤマハ)C7

  • 買取査定相場:23〜76万
  • G7 〜 C7シリーズ
  • 発売時価格:830000円
  • 年式:1期1967〜、2期1979年〜、3期1994年〜

YAMAHA C7の買取ポイント

C7はパーソナルユースのコンサートグランド型ピアノとしては最大級のサイズで、音色や構造がこだわり抜かれており、何度も改良されてきたヤマハ製ピアノです。
最初期のロットは1976年にまで遡ることが出来ます。その後C7Bを挟んで1979年にまずリニューアルされました。
シリーズは続き、1994年にC7も再度リニューアル。ロングヒットしたC7Lを挟んで2007年から近年まで現行機としてヤマハピアノを支えてきました。
サイズは大きく全音域に渡って余裕のある発音が特徴とされています。低域もクリアで、ピアニシモで打鍵した時の濁りも少ない構造です。

YAMAHA C7のネット上の買取査定の口コミ

C7もいろいろ種類があるようで、弊社で査定に出したピアノは古いタイプのようでした。査定額は10〜23万の間でしたが、まだ中古市場で需要はあるようでした。(1971年製 広島県)
C7という大きめのグランドピアノで、搬出料がかなり高くなると以前業者に言われたことがありますが、一括査定でいろいろな業者の話を聞いたら、搬出料無料で32万の買取額を付けてくれる業者さんが見つかりました。(1968年製 山形県)
C7の最初期ロットみたいで、ネットで見た50万円以上の査定は尽きませんでしたが(3期以降は高いみたいです)、29万で買い取っていただきました。(1972年製 京都府)

YAMAHA C7の特徴をおさらい

  • ヤマハ製セミコンサートグランドピアノとしては最大級
  • 使用する素材にも妥協なし
  • インハーモニシティの少ない構造の低音弦
  • 最初期のロットには2本ペダルのモデルがある
  • 低域が柔らかく、よく響く音色

ピアノ買取トップへ

YAMAHA G7 〜 C7シリーズの他の買取の査定相場はこちら

page top