YAMAHA(ヤマハ) U3Hの買取はいくら?

YAMAHA(ヤマハ) U3Hの買取査定相場は?

YAMAHA(ヤマハ) U3H

  • 買取査定相場:2〜10万
  • U3シリーズ
  • 発売時価格:300000円
  • 年式:1972.4〜 1973.4

YAMAHA(ヤマハ) U3Hの買取ポイント

長い間作られ続けた機種で、ウォールナット材の木目を活かしたU3H、黒鏡面仕上げのU3H共に中古市場で多く取引されています。
製造番号から年式を判別し、特に174万番以降の後期ロットなら査定も期待出来そうです。
低音域から高音域までバランスの良い鳴りが特徴とされています。
演奏者は座位ですから、共鳴胴としてピアノのボディを考えた時、各モードの振幅の腹(一番震える位置)が高くなることにより、耳との位置関係が変わるでしょう。
それによって、131cmサイズである3型モデル特有の、包み込まれるような演奏感覚を得られるのかもしれません。
U3Hは、ロングセラーとなった、表現力豊かなピアノです。

YAMAHA(ヤマハ) U3Hのネット上の買取査定の口コミ

U3Hが売る人が多いそうで逆に相場が安定しているとの話でした。2〜10万円ぐらいが相場だそうです。私は9万円。(1973年製 宮城県)

U3Hの買取をお願いしました。ちゃんと査定額がつきました。4万、4万5千円、6万円でした。(1972年製 静岡県)

フェルトが破けていて状態も悪かったのですが2万円でなんとか買取してもらいました(1972年製 滋賀県)

YAMAHA(ヤマハ) U3Hの特徴をおさらい

  • 音に包みこまれるような演奏感覚
  • 生産時期は約4種に区別され、それぞれの時期によって査定価格は変動
  • リニューアル品を除くと、U3シリーズ中で最も長期間生産されたモデル
  • 中古台数が多いため、買う側にとっては同一モデル内でカラーなども選択する余地がある
  • 後期に生産され、耐用年数が永く見込める

ピアノ買取トップへ

YAMAHA(ヤマハ) U3シリーズの他の買取の査定相場はこちら

page top