YAMAHA(ヤマハ) W106の買取はいくら?

YAMAHA(ヤマハ) W106の買取査定相場は?

工芸美術としても一級の価値があり査定額は期待できます!

YAMAHA(ヤマハ) W106

  • 買取査定相場:9.9〜20.9万
  • Wシリーズ
  • 発売時価格:650000円
  • 年式:1977.5〜 1980.9

YAMAHA(ヤマハ) W106の買取ポイント

アップライトピアノはいわば個人用、家庭用のピアノです。ヤマハのピアノは洗練されたデザインを誇っていましたが、一般的なピアノの外観、ミニマルでクールな意匠とは逆のアプローチで作られたのがWシリーズです。
素材の高級木材の温かみを前面に活かした本機W106は、家具としても楽器としても高い完成度を誇ります。
脚部はチッペンデールという曲線形状に加工され、見た目も瀟洒で整ったモデルです。
W106に使用されているマホガニー材は、現在では輸入規制がかかって希少価値が高まった素材で、高級家具やインテリアにも使われている人気素材です。
楽器としての性能も抜群で、工芸美術としても一級の価値があり、BMグレードやBBグレードも生産されています。

YAMAHA(ヤマハ) W106のネット上の買取査定の口コミ

W106はアンティークとして価値があるみたいで業者選びを間違えなければ高額査定が期待できます。一括査定は使った方がいいと思いました。20.9万で買取してもらいました。(1979年製 東京都)
W106を査定に出し、9.9万でした。インテリアピアノとしての価値があるみたいですが、島根なので業者がそろっていなかったのか、思ったより査定額は低めでした。でも、10万近くで買取してもらえたので良かったです。(1978年製 島根県)
W106を買取してもらいまいた。1社目に来た業者さんにすぐにお願いしてしまったので、15万で買取してもらいましたが、後からメールをくれた別の業者さんは19万までつけてくれる業者さんがいて、そっちにしとけばよかったと思います。(1978年製 大阪府)

YAMAHA(ヤマハ) W106の特徴をおさらい

  • サイズは高さ131cmで、楽器として弾いて楽しく、家具として所有する充実感を得られる
  • 女性にも好評のシリーズ
  • 中低音部にアンダーフェルト入りのハンマー
  • 脚部は猫肢のように可愛らしいデザイン
  • 高級マホガニー材を使用した貴重なモデル

ピアノ買取トップへ

YAMAHA(ヤマハ) Wシリーズの他の買取の査定相場はこちら

page top